エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)

ノルウェー近代絵画の代表的な表現主義の画家。
生・死・愛を主題とし、自身の内面で体験した精神世界を捉え構成された「生命のフリーズ」シリーズが有名。

ムンク 略歴

1863-1944

南ノルウェー、ヘッドマルク洲の軍医の家庭に生まれる。
生まれてすぐにクリスティアニア(現オスロ)に転居。
1881年
自然主義の作品から影響をうける。
1884年
アナーキストの作家イェーゲルやボヘミアン運動のグループとの交流から、独自の画風に変化していく。
1893年
「生命のフリーズ」シリーズの一部完成。
1896年
各地で個展を数多く開催。主にノルウェーとドイツで制作。
1902年
ベルリン分離派展に「生命のフリーズ」から22点の作品を出品。
1927年
ベルリン国立美術館、オスロの国立美術館で大規模展覧会。

ムンク 代表作

  • 叫び
  • 思春期 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ