エドワール・ヴュイヤール(Edouard Vuillard)

モーリス・ドニ、ピエール・ボナールらとともにナビ派の1人に数えられる。
ほかのナビ派の画家よりも平面的、装飾的傾向があり、アンティミストと呼ばれる親しみのある身近な風景を描いた。

ヴュイヤール 略歴

1868-1940

ソーヌ=ロワール県キュイゾーで収税吏の家庭に生まれる。
幼少時に家族とともにパリに転居。
1889年
前年にアカデミー・ジュリアンでドニ、ボナールらが結成していた「ナビ派」にルーセルとともに加わる。
1891年
ナビ派の機関紙『ラ・ルヴュ・ブランシュ』誌事務所で初めての個展。第1回印象主義および象徴主義画家展にナビ派の画家たちと出品。
1893年
ウーヴル座の舞台装置、衣裳の仕事も行う。この頃より、リトグラフ、ポスター、挿絵、建築内装飾画なども制作しばしめる。
1901年
サロン・デ・ザンデパンダン展に出品。次第に写実主義に傾倒していく。
1903年
サロン・ドートンヌの共同設立人となり出品。
1913年
シャンゼリゼ劇場の装飾画を制作。
1937年
シャイヨー宮の装飾画を制作。
1938年
パリ装飾美術館で大回顧展。

ヴュイヤール 代表作

  • 公園
  • フレシネ夫人 etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索