エドゥアール・マネ(Edouard Manet)

西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人。印象派の先駆的画家。
筆跡を感じさせる流動的な線と伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用いた。

マネ 略歴

1832-1883

パリに生まれる。
1849年
17歳の時に画家になることを決意。
1850年
トマ・クーチュールに弟子入り。
1859年
初めてサロンが落選したが、審査員を務めたドラクロワや詩人のボードレールからは高く評価された。
1861年
サロンに出品し、2作とも初入選する。
1870年
自らが示唆を与えた印象主義から逆に影響を受け、戸外での制作を積極的に行い、作風も印象派に特有の素早い筆致が目立つようになった。
1882年
晩年の代表作である「フォリー・ベルジェールのバー」をサロンに出品した。

マネ 代表作

  • 笛を吹く少年
  • ベルト・モリゾの肖像 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ