エドガー・ドガ(Edgar Degas)

フランスの印象派の画家。
古典的手法で踊り子や浴女などを現代的な都会生活をよく描いた。

ドガ 略歴

1834-1917

パリに生まれる。
1853年
学業を捨て、画家の道に入る。
1857年
イタリアに渡りルネサンス画家の研究をする。
1859年
パリでアトリエを構える。
1862年
マネと出会い、親交を深める。
1874年
第1回印象派展開催。その中心の一人となる。
1908年
視力が悪化し、制作に支障が生じる。

ドガ 代表作

  • バレエの踊り子
  • アイロンをかける2人の女 etc
ドガ アート市場状況

パステル画で有名。踊り子が特に評価が高く、10億円超える作品もある。

第二次世界大戦後、段々と値段が上がって、現在にいたっている。彫刻をとってみても、ブロンズ作家ではないが、人気のあまりロダン、ジャコメッティをしのぐ値段がつく。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ドガ 作品種類
  • パステル、油彩、木炭、デッサン、ブロンズ
ドガ 鑑定機関
  • ブラーム、ローラソー
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ