クロード・モネ(Claude Monet)

印象派を代表する画家。
時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した。

モネ 略歴

1840-1926

パリ・ラフィット街に生まれる。
1859年
パリへ行き、トロワイヨンらに教えを受ける。
1865年
サロンに2点の作品が入選。
1874年
第1回印象派展出品。以後、第3回印象派展まで出品。
1875年
シスレー、ルノワール、ベルト・モリゾと水彩画と油彩画の即売会開催。
1880年
サロンに入選。初めて個展を開催。
1891年
「積み藁」連作を発表。
1895年
「ルーアン大聖堂」連作を発表。

モネ 代表作

  • 緑衣の女性(カミーユの肖像)
  • 「ポプラ並木」の連作
  • 「睡蓮」の連作 etc
モネ アート市場状況

睡蓮などは日本の美術館が何点か所有している。
ルノワール同様にスタンプサインなどがあり、評価は少し落ちる場合がある。

人気図柄などは、軽く5億~10億円はする。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

モネ 作品種類
  • 油彩、水彩、パステル
モネ 鑑定機関
  • ウィルデンシュタイン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索