カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)

堅固な構成と情趣に富む作風で、印象派の中での有能な教育者であった。
自然の風景や田園で働く素朴な人々の営みを晩年よく描いた。

ピサロ 略歴

1830-1903

バージン諸島セント・トマス島に生まれる。
1855年
渡仏。コローと出会う。その後、画家として制作を始める。
1863年
銅版画協会会員となる。
1874年
第1回印象派展に出品。以後第8回(最後の)印象派展まで出品をつづける。
1883年
デュラン=リュエルにより個展開催。
1885年
スーラ、シニャックと親交。新印象主義理論に影響。
1893年
デュラン=リュエル画廊で大規模なピサロ展を開催。

ピサロ 代表作

  • 赤い屋根、冬の効果
  • テアトル・フランセ広場 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ