ベルナール・ビュッフェ(Bernard Buffet)

鋭角的なフォルムと力強い描線、モノトーンに近い色彩が独自の画風。

ビュッフェ 略歴

1928-1999

パリに生まれる。
1943年
エコール・デ・ボザールに学び、ナルボンヌに師事する。
1948年
20歳にしてクリティック賞を受賞。
1951年
最高傑作とされる三部作「キリストの受難」を制作。
1952年
この年より毎年のように「受難」、「戦争の恐怖」、「サーカス」など題を定めた大個展を開催。
1971年
フランス政府からレジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエの称号を受ける。
1974年
ヴァチカン法王庁美術館に「ピエタ」、「受胎告知」等6点が収められる。

ビュッフェ 代表作

  • 青い闘牛士
  • カルメン
  • アナベル夫人像 etc
ビュッフェ アート市場状況

1950年頃からの作品がほとんどだが、年々作品の色が明るくなり、 80年以降の作品は「売り」に走っている傾向がある。
ビュッフェ本来の「線」の芸術は1950年~60年がやはり力があり、コレクターが欲しがる。
風景、花が人気図柄。作家がなくなった直後には、価格の上昇を見せたが現在は落ち着いている。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ビュッフェ 作品種類
  • 油彩、ガッシュ、デッサン、版画
ビュッフェ 鑑定機関
  • ガルニエ
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索