フランソワ・オーギュスト・ルネ・ロダン(Frangois-Auguste-Rene Rodin)

フランスの彫刻家。19世紀を代表する彫刻家とされ、「近代彫刻の父」と称される。
独自の人間の生命、情熱の造形化を作品に込めた。

ロダン 略歴

1840-1917

パリの下町で警視庁の書記の息子として生まれる。
14歳で工芸実技学校に入学し、その後、帝国素描・算数専門学校に入学して美術を学ぶ。
それ以後、古代ギリシアのペイディアスとルネサンスのミケランジェロを師にして、ほぼ独学で彫刻を学んだ。
1863年
良き理解者であった姉・マリアが修道院で自殺。敬愛する姉の死にロダンは自らを責め、聖サクラメント修道会に見習い修道士として1年余りを過ごす。
1864年
サロンに出品。
1877年
長い沈黙を破って「青銅時代」を出展。
1889年
「地獄の門」を覗き込む男を発表。

ロダン 代表作

  • 考える人
  • 接吻 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ