ピエール・オーギュスト・ルノワール(Pierre Auguste Renoir)

フランス印象派の画家。
調和のとれた線と輝く色彩で、親しみやすい雰囲気の作品が特徴。

ルノワール 略歴

1841-1919

フランスのリモージュに生まれる。
1858年
陶器の絵付けや彫金の仕事を行う。
1861年
シャルル・グレール運営の画塾を受講。そこで、モネ、シスレーらと知り合うようになる。
1864年
サロンに二度目の出品で初めて入選。
1877年
第三回印象派展に「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」などの作品を出品。
1892年
「ピアノに寄る娘たち」を国家がリュクサンブール美術館のために買い上げ。
1900年
レジオン・ドヌール5等勲章を授与される。

ルノワール 代表作

  • ムーラン・ド・ラ・ギャレット
  • 舟遊びの人々の昼食
  • ピアノに寄る少女たち etc
ルノワール アート市場状況

人気がある分、贋作が多い。
以前の鑑定人ドルトの鑑定書の贋物も多くあるので注意。サインがスタンプサイン作品も多い。

1800年代のルノワールはタッチが細かくて評価高い。 晩年になってくるとタッチが荒くなる。森の風景、少女、婦人などが多い。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ルノワール 作品種類
  • 油彩、水彩、パステル、ブロンズ
ルノワール 鑑定機関
  • ウィルデンシュタイン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索