アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani)

エコール・ド・パリの画家の一人。
初めは彫刻家を志し、アフリカなどの民族美術に影響を受ていた。
多くの肖像画は、顔と首が異様に長いプロポーションで目には瞳を描き込まないことが特徴。

モディリアーニ 略歴

1884-1920

イタリアのリボルノで生まれる。
1902年
フィレンチェ、ヴェネツッアで絵を学ぶ。
1906年
肖像画家を目指して渡仏。パリへ。
1908年
アンデパンダン展に出品。
1912年
サロン・ドートンヌに石彫8点を出品。
1916年
ズボロスキーがモジィリアーニの画商となる。ベルト・ウェイル画廊でズボロスキーによって、初めての個展を開催。

モディリアーニ 代表作

  • ズボロフスキーの肖像
  • ポール・ギヨームの肖像 etc
モディリアーニ アート市場状況

取り扱う時は原則的にレゾネ(テェローニ)に載っていることが大前提。
鑑定家がいて鑑定書のような物は出るが、販売するにはレゾネ掲載しているとスムーズ。

作品が世界で340点ほどしか確認とれていない。
そのほとんどが人物であり、しっかり描いたものなら、10億円超えるものもめずらしくない。

贋作度(5段階): 5+
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

モディリアーニ 作品種類
  • 油彩、彫刻
モディリアーニ 鑑定機関
  • ウィルデンシュタイン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索