シスレー

アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)

典型的な印象派の画家の一人。パリ周辺の風景を題材にした穏やかな作品が多い。

シスレー 略歴

1839-1899

パリの造花輸出業の家庭に生まれる。家業の修行のためロンドンに滞在。
1860年
帰国後、シャルル・グレールの画塾に入門。ルノワール、モネらと知り合う。
1872年
デュラン=リュエルが作品を購入。以後、シスレーの画商となる。
1874年
第1回印象派展に出品。以後第3回印象派展まで出品。
1875年
モネ、ルノワール、ベルト・モリゾとともに水彩画、油彩画の即売会開催。
1885年
テオ・ヴァン・ゴッホが作品を購入。以後も何点が購入。
1888年
ジョルジュ・プティ画廊で作品展開催。以後は同画廊が中心となり91より専売画廊となる。

シスレー 代表作

  • ポール・マルリーの洪水
  • モレの教会堂 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ