アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha)

アール・ヌーヴォーを代表する画家。
星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴で、多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作。

ミュシャ 略歴

1860-1939

現在のチェコ共和国モラヴィア地方、イヴァンチッツェに生まれました。
ウィーンで舞台美術の仕事を経て
1885年
2年間ミュンヘン美術アカデミーに学ぶ。
1887年
パリで勉強を続けましたが翌年に援助が打ち切られ、商業美術の仕事を始める。
1895年
手がけたサラ・ベルナール主演の演劇ポスターで脚光を浴びることになります。
1905年
アメリカ移住後、欧米各地を転々。
1928年
プラハに定住。

ミュシャ 代表作

  • 白い象の伝説
  • 主の祈り etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索