ジャコメッティ

アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti)

スイス出身の20世紀の彫刻家。
おもに彫刻家として知られるが、絵画や版画の作品も多い。
針金のように極端に細く、長く引き伸ばされた人物彫刻が多い。

ジャコメッティ 略歴

1901-1966

スイスのボルゴノーヴォでスイス印象派の重要な画家、ジョヴァンニ・ジャコメッティを父に生まれ、早くから絵画、彫刻の才を発揮した。
ジュネーブで美術を学び、イタリア滞在の後にパリに移る。
1922年
アカデミー・ド・ラ・グランド=ショミエールでブールデルに師事する。
1925年
リプシッツらキュビズムに影響を受けたブロンズ彫刻を制作。
1930年
シュルリアリズム運動に加わってエロティックなオブジェや骨組みや檻のある作品を発表した。
1935年
具象や抽象など様々な様式を模索。
1962年
ヴェネチア・ビエンナーレで彫刻大賞を受賞。

ジャコメッティ 代表作

  • 午前4時の宮殿
  • 歩く男 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ