清宮質文

清宮質文(せいみやなおぶみ)

木版画の詩人。
平明なかたちと抑制された色彩をつかって写しとった作品は、豊かな詩情に満ちている。

清宮質文 略歴

大正6年(1917)-平成3年(1991)

東京に生まれる。
1942年
東京美術学校油画科卒業。
1954年
第31回春陽会出品。(以降1974年まで出品)(東京都美術館)
1958年
最初の個展。(銀座・サヱグサ画廊)
1962年
第3回東京国際版画ビエンナーレ展に招待出品。(国立近代美術館)
1966年
第7回現代日本美術展に招待出品。(東京都美術館)
1967年
第9回日本国際美術展に招待出品。(東京都美術館)
1973年
第10回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ。(リュブリアナ近代美術館)
1985年
現代版画の軌跡展。(福島県立美術館)
1986年
現代版画の表現と技法展。(練馬区立美術館)
1988年
現代日本の美術・1950-1980展。(神奈川県立近代美術館)

清宮質文 代表作

  • 「暗い夕日」シリーズ
  • 泳ぐ人 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ