棟方志功(むなかたしこう)

日本人木版画の第一人者。
版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした。
郷土・青森を愛し、宗教的な美を追求し続けた。

棟方志功 略歴

明治36年(1903)-昭和50年(1975)

青森市に鍛冶屋の子として生まれる。
1921年
ゴッホの「ひまわり」に感動して画家を志し、上京して油彩を学ぶ。
1928年
平塚運一のもとで版画を学び始め、本格的な木版画制作が始められる。
1936年
国画会展出品が契機で、柳宗悦や河井寛次郎らの民芸運動の人々と知り合い、以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼすことになる。
1938年
文展に出品、特選受賞。
1939年
「釈迦十大弟子」を制作。
1952年
スイスのルガノ国際版画展で優秀賞受賞。
1955年
サンパウロ・ビエンナーレで版画部門最高賞を受賞。
1956年
ヴェネチア・ビエンナーレで日本人初の国際版画大賞を受賞。
1965年
イタリア芸術院名誉会員となる。
1970年
文化勲章を受章。文化功労者として顕彰される。

棟方志功 代表作

  • 釈迦十大弟子
  • 御鷹揚げの妃々達々 etc
棟方志功 アート市場状況

贋作も多く、鑑定シールは絶対必要。
ただ作品として作ったもの以外は、鑑定シールは発行されないので注意。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

棟方志功 作品種類
  • 版画、油彩、水彩、日本画、デッサン
棟方志功 鑑定機関
  • 棟方志功鑑定委員会
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索