星襄一

星襄一(ほしじょういち)

「樹」や「星」の風景を描いて、独自の心象的世界を作り上げた。

星襄一 略歴

大正2年(1913)-昭和54年(1979)

新潟県北魚沼郡に生まれ。千葉県で没。
1946年
謄写版印刷業を営みながら孔版画を始める。
1949年
日本版画協会展で受賞。
1956年
武蔵野美術学校西洋画科卒。
1960年
国画会会員となる第2回東京国際版画ビエンナーレに出品。
1969年
ニューヨークにて現代日本版画巡回展。
1972年
イタリア・カルピ国際木版画トリエンナーレ。

星襄一 代表作

  • 星シリーズ
  • 樹木シリーズ etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ