長谷川潔

長谷川潔(はせがわきよし)

マニエール・ノワール(銅板に細かな傷を刻み、その部分を刷り豊かな黒色に仕上がる)と呼ばれる特殊技法により深みのある諧調のなかに清新な世界を表現した銅版画家。

長谷川潔 略歴

明治24年(1891)-昭和55年(1980)

神奈川県に生まれる。
1911年
黒田清輝から素描を、12年には岡田三郎助、藤島武二から油彩を習う。この頃から木版画を始める。
1913年
文芸誌『仮面』の同人となって、表紙、口絵などを作る。
1916年
永瀬義郎、広島晃甫と共に日本版画倶楽部を結成する。
1923年
サロン・ドトンヌに出品。
1926年
パリで初の個展を開く。
1935年
レジオン・ドヌール勲章を受ける。
1945年
敗戦でパリの監獄に1ケ月収容される。
1960年
サロン・ナショナル・デ・ボザール版画賞を受賞。
1966年
フランス文化勲章を受ける。1967年 勲三等を受ける。

長谷川潔 代表作

  • 狐と葡萄
  • メキシコの鳩 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ