浜口陽三

浜口陽三(はまぐちようぞう)

渡仏時に習得した銅版画を基軸とし、カラーメゾチントという技法を開拓し、静謐かつ詩的な独特の作風で世界を魅了した。

浜口陽三 略歴

明治42年(1909)-平成12年(2000)

和歌山県広川村に生まれる。
1930年
東京美術学校(現東京藝術大学)彫刻科中退。パリに移住。
1933年
サロン・ドートンヌに出品。
1938年
パリで水彩画と版画の最初の個展開催。
1953年
関野準一郎、駒井哲郎と共に日本銅版画家協会を創設。
1957年
第1回東京国際版画ビエンナーレで国立近代美術館賞受賞。第4回サンパウロビエンナーレ国際美術館グランプリ受賞。
1961年
第4回リュブリアナ国際版画ビエンナーレグランプリ受賞。
1982年
北カリフォルニア版画大賞展グランプリ受賞。

浜口陽三 代表作

  • パリの屋根
  • 22のさくらんぼ etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ