横山大観(よこやまたいかん)

近代日本画壇のゆるぎない巨匠。
朦朧体(もうろうたい)と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。

横山大観 略歴

明治1年(1868)-昭和33年(1958)

水戸に生まれ、東京で没。
明治22年
東京美術学校に第一期生として入学し、橋本雅邦、岡倉天心の指導を受けた。
同28年
京都市美術工芸学校教諭。
翌29年
東京美術学校教授。
同31年
天心とともに東京美術学校を辞職し、日本美術院の創立に参加した。
大正3年
日本美術院を再興した。
昭和6年
帝室技芸員。
同10年
帝国美術院会員、のち帝国芸術院、日本芸術院会員となる。
同12年
文化勲章を受章した。

横山大観 代表作

  • 生々流転
  • 夜桜 etc
横山大観 アート市場状況

富士といえば大観と言うほど有名。
ただ、同じ富士でも作品によって、500万円~5000万円ぐらい差がある。
評価的には昭和15年頃~20年頃が高いと言われています。
大家だけあって贋作が多く、鑑定が取れているものは、大観番号という番号がついています。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

横山大観 作品種類
  • 日本画
横山大観 鑑定機関
  • 横山大観記念館
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索