横山操(よこやまみさお)

煤や石灰などを画面に擦り付け、力強くとどめくような漆黒と、そこからにじみ出てくるような鮮やかな色が特徴。

横山操 略歴

大正9年(1920)-昭和48年(1973)

新潟県西蒲原郡に生まれ、東京で没。
昭和14年
川端画学校で学ぶ。
翌15年
青龍社展に入選。以後青龍社に。
同37年
青龍社を脱退。
同40年
多摩美術大学教授。

横山操 代表作

  • 炎々桜島
  • 塔 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ