山元春挙(やまもとしゅんきょ)

風景画を得意とし、円山派の写生に洋画の手法をとり入れた山水画を描いた。

山元春挙 略歴

明治5年(1872)-昭和8年(1933)

滋賀県膳所に生まれ、京都で没。

野村文挙、森寛斎に円山派を学んだ。
京都画壇では竹内栖鳳と並び称せられ。
京都市立絵画専門学校教授をつとめ、帝室技芸員、帝国美術院会員となった。

山元春挙 代表作

  • 塩原の奥
  • 海辺雪松図 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ