山口蓬春(やまぐちほうしゅん)

最初は洋画を学ぶも日本画に転向。独自の絵画領域を広げていったという。
戦後、この葉山に住んで新しい日本画の創造を模索しながら、多くの作品を残した。

山口蓬春 略歴

明治26年(1893)-昭和46年(1971)

北海道松前に生まれ、神奈川県葉山で没。
東京美術学校洋画科から転じて日本画科を卒業。松岡映丘に師事し、大和絵運動に参加。福田平八郎、木村荘八らとともに結成した(六潮会)時代には写生を追求。
昭和25年
日本芸術院会員となる。
同40年
文化勲章を受章した。

山口蓬春 代表作

  • 三熊野の那智の御山
  • 市場 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ