上村松園(うえむらしょうえん)

格調高い近代美入画の完成者として知られた。
子に松篁、孫に淳之がいる。

上村松園 略歴

明治8年(1875)-昭和24年(1949)

京都に生まれ、奈良県生駒郡で没。
はじめ京都府画学校に学び、鈴木松年、幸野楳嶺に師事。
のち竹内栖鳳に師事した。
内国勧業博覧会、日本青年絵画共進会、日本美術協会展で
次々に受賞した。
明治40年
文展の創設とともに出品、三等賞受賞。
大正5年
無鑑定、同13年帝展審査員。
昭和9年
帝展に出品。
翌10年
春虹会の結成に加わった。
同23年
女性としてはじめて文化勲章を受章した。

上村松園 代表作

  • 序の舞
  • 母子
  • 静 etc
上村松園 アート市場状況

美人画など人気だが、傘、花吹雪などのあるものが特に人気。
贋作も多いので要注意。
落款で5割以上は判別できる。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

上村松園 作品種類
  • 日本画
上村松園 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索