宇田荻邨(うだてきそん)

京都の市街・郊外の様々な風景を清冽な作風で描き出した。

宇田荻邨 略歴

明治29年(1896)-昭和55年(1980)

三重県松阪に生まれ。京都で没。
明治44年
中村左洲に学ぶ。
大正2年
京都を出て、菊池芳文、菊池契月に師事。
同6年
京都市立絵画専門学校卒業。
同8年
第1回帝展以来連統して入選。
同15年
第7回展で帝国美術院賞を受賞した。
昭和25年
京都市立美術大学教授となる。
同36年
日本芸術院会員に就任。

宇田荻邨 代表作

  • 清水寺
  • 淀の水車 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ