土田麦僊(つちだばくせん)

ルノワールやゴーギャンに傾倒し、伝統的な日本画に西洋絵画の重厚なマチエールや合理的な空間把握、幾何学的な構図などを取り入れた。

土田麦僊 略歴

明治20年(1887)- 昭和11年(1936)

新潟県佐渡に生まれ、京都で没。
17歳のとき京都に出て鈴木松年の門に入り、のち竹内栖鳳に師事した。
明治42年
京都市立絵画専門学校が設立されるとともに入学。
同44年
第5回文展「髪」で注目された。
大正7年
国画創作協会を村上華岳、小野竹喬らと設立。
同12年
画塾山南会を設立。
昭和3年
国画創作協会解散後に帝展に復帰した。

土田麦僊 代表作

  • 湯女
  • 三人の舞妓
  • 舞妓林泉図 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ