富田渓仙(とみたけいせん)

初期は克明な写実描写と油絵の技法も加味し、晩年は水墨画に新境地をみせ、力強く奔放な大画面は日本画壇でも異色の存在であった。

富田渓仙 略歴

明治24(1891)-昭和54年(1979)

大阪市に生まれ。兵庫県川西市で没。
関西美術院で洋画を、京都絵画専門学校で日本画を学んだ。
昭和12年
結城素明、川崎小虎と大日美術院を創立。
同27年
大日本美術院の解散後は無所属作家として活躍。

富田渓仙 代表作

  • 御室の桜
  • 万葉春秋 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ