富岡鉄斎(とみおかてっさい)

みなぎる豊かな実在感のある画境を確立し、質の高い文人画を生みだし、近代日本画の中で独自の位置を占めた。

富岡鉄斎 略歴

天保7年(1837)-大正13年(1924)

京都に生まれ。同地で没。

15歳頃から国学、漢学を学び、18歳頃から南画を窪田雪鷹、小田海仙に、大和絵を浮田一薫に学んだ。
幕末に勤皇学者として国事に奔走し、繧新後は大和石上神宮少宮司などをつとめ、神道の復興に力を注ぐ一方、京都美術協会を中心に制作した。
学者として、該博な漢籍、国学の知識と絶え間ない旅行とに画の根拠を求めて、学問と画の世界に精進した。
大正6年
帝室技芸員。
同8年
帝国美術院会員。

富岡鉄斎 代表作

  • 曙光
  • 旧蝦夷風俗図 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ