竹内栖鳳(たけうちせいほう)

円山四条派系の写生から、次第に斬新な感覚の装飾的傾向になリ、さらに象徴性のある作品を発表した。

竹内栖鳳 略歴

元治1年(1864)-昭和17年(1942)

京都に生れ、神奈川県湯河原で没。
土田英林に師事、のち四条派の幸野楳嶺の門に入リ、早くから画才を認められた。
新古美術会、日本青年絵画共進会など各種の展覧会に出品。
明治22年
京都府画学校。
同32年
京都市立美術工芸学校で教えた。
同33年
パリ万国博覧会で受賞。
翌34年
帰国。棲鳳から栖鳳に号を改め、清新な写生的作風を展開した。
昭和12年
第1回文化勲章を受章した。

竹内栖鳳 代表作

  • 雨霽(あまばれ)
  • 斑猫 etc
竹内栖鳳 アート市場状況

「東の大観、西の栖鳳」とよく例えられる。
最近は50~200万円の作品が主流。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

竹内栖鳳 作品種類
  • 日本画、水墨画
竹内栖鳳 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索