竹久夢二(たけひさゆめじ)

新聞・雑誌に多くの挿絵を描き、夢見がちで哀愁ただよう、瞳(ひとみ)の大きな「夢二式美人」による作風をきずいた。

竹久夢二 略歴

明治17年(1884)- 昭和9年(1934)

岡山県に生まれ、長野県富士見で没。
明治34年
上京し、早稲田実業で学ぶ。新聞・雑誌などにさし絵や詩を寄稿。
同38年
「文章世界」にコマ絵「筒井筒」で一等入選し画家として制作活動を始める。
同42年
「夢二画集-春の巻」発刊、ベストセラーとなる。
昭和6年
アメリカ・ヨーロッパに渡り、個展開催。

竹久夢二 代表作

  • 黒船屋
  • 五月之朝
  • 青山河 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ