下村観山(しもむらかんざん)

日本美術院を代表する作家の一人として、近代の新しい日本画をつくるために力を尽くした画家。

下村観山 略歴

明治6年(1873)- 昭和5年(1930)

和歌山市に生まれ、横浜で没。

狩野芳僅、橋本推邦に師事し、東京美術学校の第1同生として学んだ。
岡倉天心に超められて卒業後は助教授に推された。
日本美術院の創立に際して天心と行動を共にし教職を辞したが、のち教授として復職。
大正3年
日本美術院を横山大観らとともに再興した。

下村観山 代表作

  • 木の間の秋
  • 白孤
  • 弘法師 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ