酒井三良(さかいさんりょう)

農村の生活や自然を詩情豊かに描いた。

酒井三良 略歴

明治30年(1897)- 昭和44年(1969)

福島県大沼郡に生まれ、東京で没。
大正5年
日本美術院の研究所で本格的に日本画を学び始める。
同8年
第2回国画創作協会展で入選。
同10年
第8回院展で初入選し、その名を知られるようになる。
同13年
美術院同人となり、以後は美術院の中心的画家の一人として活躍する。

酒井三良 代表作

  • 雪に埋もれつつ正月はゆく
  • かまくら etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ