大山忠作(おおやまちゅうさく)

人物画、宗教的作品、花鳥、風景と題材も多岐に渡る作風。モチーフとして鯉の作品も多い。

大山忠作 略歴

大正11年(1922)-平成21年(2009)

福島県に生まれる。
昭和18年
東京美術学校日本画科に入学。
同21年
第2回日展で初入選。山口蓬春に師事。
同43年
第11回日展で文部大臣賞を受賞。
同48年
前年日展出品作が日本芸術院賞を受賞。
同61年
日本芸術院会員となる。
平成11年
文化功労者。
同18年
文化勲章受章。

大山忠作 代表作

  • 池畔に立つ
  • 五百羅漢 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ