小茂田青樹

小茂田青樹(おもだせいじゅ)

鋭い白然観照の態度から生み出される写実とそこに漂う詩情性豊かな作風で知られた。

小茂田青樹 略歴

明治24年(1891)-昭和8年(1933)

埼玉県川越市に生れ、神奈川県逗子市で没。
大正2年
速水御舟らと塩都南禅寺で仮寓、京洛風量を描き、古画を研究した。
同3年
日本美術院の再興に参加し、今村紫紅の赤曜会にも加わった。
同10年
日本美術院同人に推された。
同14年
杉立社を組織して後進の指導にあたった。

小茂田青樹 代表作

  • 菜園
  • 出雲江角港 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ