小倉遊亀(おぐらゆき)

人物、花鳥、静物を得意とし、大胆な構図や明るい色彩で、日本画に近代感覚を取り入れた作品を多く描いている。

小倉遊亀 略歴

明治28年(1895)-平成12年(2000)

大津市に生まれ、鎌倉で没。
大正6年
奈良女子高等師範学校を卒業。
同9年
在学中、安川靫彦に師事した。
昭和元年
日本美術院展に初人選。
同7年
女性として初めて日本美術院同人になった。
同37年
「母子」で日本芸術院賞を受賞。
同53年
文化功労者。
同55年
文化勲章を受章した。
平成2年~同8年
日本美術院理事長をつとめた。

小倉遊亀 代表作

  • O夫人坐像
  • 浴女 etc
小倉遊亀 アート市場状況

2000年に亡くなった後、価格が上昇気味だったが、現在安定している。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

小倉遊亀 作品種類
  • 日本画、版画
小倉遊亀 鑑定機関
  • 小倉雅子
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索