中村正義(なかむらまさよし)

人間の顔を生涯の主題として描いた。
戦後の美術界において日本画の新生と画壇の変革を求めて多彩な活動を展開した。

中村正義 略歴

大正13年(1924)-昭和52年(1977)

愛知県豊橋市に生まれ。神奈川県川崎市で没。
昭和21年
中村岳陵に師事し、同年第2回日展で初入選。
翌22年
第32回院展に入選。
同25年
第6回日展で特選・朝倉賞を受ける。
同27年
第8回日展で特選・白寿賞を受賞。
同35年
中部日本文化賞を受賞した。
同36年
蒼野社(中村岳陵門)を去り、同時に日展も脱退。
同37年
第5回現代日本美術展出品。以後同展に出品を続けた。
同39年
写楽の研究を始め、同45年 その成果として「写楽」を出版した。
同49年
从会を結成。

中村正義 代表作

  • 源平海戦絵巻
  • おそれ etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ