武者小路実篤

武者小路実篤(むしゃこうじさねあつ)

文学者の余技を越えたおおらかでユーモアのただよう親しみ深いもので、文学の世界の具象化でもあった。

武者小路実篤 略歴

明治18年(1885)-昭和51年(1976)

東京に生まれ。同地で没。
明治35年
学習院高等科時代に志賀直哉等を知る。
明治43年
志賀、有島武郎等と「白樺」を創刊し、精力的に作品を発表した。
大正7年
「新しき村の生活」を発表し、宮崎県に共同生活の村を作る。同14年までそこで生活。
昭和12年
芸術員会員。日本文学報国会劇文学部会長を務め、戦後公職追放となる。
同26年
文化勲章を受章。

武者小路実篤 代表作

  • etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ