村上華岳(むらかみかがく)

山水と仏画を主題とした作品を多く描き、東西の様式を吸収し、しかも宗教的境地から生れる芸術性の高い、神秘的な日本画を示した。

村上華岳 略歴

明治21年(1888)-昭和14年(1939)

大阪に生まれ、神戸で没。
京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校を卒業。
明治44年
卒業制作を第5回文展に出品褒状。
大正5年
第10回文展で特選。
同7年
土田麦僊、榊原紫峰らと国画創作協会を結成。

村上華岳 代表作

  • 日高河清姫
  • 裸婦 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ