森田曠平(もりたこうへい)

歴史や古典に主題を求め、舞妓、大原女など独白の画風の作品を発表した。

森田曠平 略歴

大正5年(1916)-平成6年(1994)

京都に生まれ、横浜で没。
はじめ関西美術院で洋画を学んだ。
昭和15年
小林柯白に師事し日本画を学ぶ。
同18年
院展初入選。同年 安田靱彦の門下となる。
同40・43年
日本美術院賞大観賞を受賞し、同人になった。

森田曠平 代表作

  • 雨川物語
  • 百萬 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ