三輪晁勢(みわちょうせい)

華やかな花鳥画家として知られているが、人物画から風景画まで幅広い作域を示した。
晩年は静かな風景画の世界と同時に、装飾性の強い花鳥画の世界を展開した。

三輪晁勢 略歴

明治34年(1901)-昭和58年(1983)

新潟に生まれ、京都で没。
大正13年
京都市立絵画専門学恢を卒業。堂本印象に師事した。
昭和2年
第8回帝展初入選。
同6年
第12回帝展。
同9年
第15回帝展で特選。
戦後東丘社に入り、印象没後は東丘社を主宰した。
同37年
日本芸術院賞受賞。
同54年
日本芸術院会員。

三輪晁勢 代表作

  • 朱柱
  • 舟造る砂丘 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ