松林桂月(まつばやしけいげつ)

南画(中国の南宗画に由来する日本独特の用語である。
文人画ともいう)の表現に新たな世界を開拓し、南画界の重鎮と言われる。

松林桂月 略歴

明治9年(1876)-昭和38年(1963)

山ロ県萩に生まれ、東京で没。
明治26年
上京して野口幽谷に南画を学んだ。
同29年
日本美術協会展で受賞。
同36年
東京南宗画会委員、文展で受賞を重ね、のち帝展、文展の審査員となった。
昭和7年
帝国美術院会員。帝室技芸員、日本美術協会理事長。日展理事をつとめた。
同33年
文化勲章受章。

松林桂月 代表作

  • 渓山春色図屏風
  • 春宵花影図 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ