前田青邨(まえだせいそん)

小林古径・安田靫彦と並び日本美術院の俊秀で明治・大正・昭和を通じ、近代日本の日本画を代表する画家。

前田青邨 略歴

明治18年(1885)-昭和52年(1977)

岐阜県中津川に生まれ、東京で没。
明治34年
上京して梶田半古に師事した。
大正元年
第6回文展「御輿振」によって画名を知られた。
大正3年
日本美術院が再興されると同展に出品して、同人に推された。
昭和26年~34年
東京芸術大学教授をつとめる。
同30年
文化勲章を受章した。 また法隆寺金堂壁画再現事業や高松塚古墳壁画描写の指導にもあたった。

前田青邨 代表作

  • 洞窟の頼朝
  • 浴女群像 etc
前田青邨 アート市場状況

武者や梅の絵が有名。
大作で2000万円ぐらいするものがあるが、ほとんどが1000万円以下。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

前田青邨 作品種類
  • 日本画、デッサン
前田青邨 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索