小杉放庵(こすぎほうあん)

洋画、日本画両方を描き、晩年は赤倉の山荘に暮らし、水墨・淡彩による滋味溢れた作品を制作する。

小杉放庵 略歴

明治14年(1881)- 昭和39年(1964)

栃木県日光に生まれ、新潟県新赤倉で没。
明治29年
五百城文哉、小山正太郎に学ぶ。
同38年
石井柏亭らと雑誌「平旦」を創刊。
同40年
雑誌「方寸」が創刊され同人として参加。
大正11年
春陽会の創立に加わる。
昭和4年
華厳社を組織した。
同10年
帝国美術院会員。

小杉放庵 代表作

  • 水郷
  • 豆の秋 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ