近藤浩一路

近藤浩一路(こんどうこういちろ)

独自の水墨画を確立して日本近代絵画史に名を刻んだ。

近藤浩一路 略歴

明治17年(1884)- 昭和37年(1962)

山梨県南巨摩郡に生まれ、東東で没。
東京美術学校西洋画科に学ぶ。のち日本画に転向。
大正10年
日本美術院同入となった。
フランスに留学後は、水墨画に光をとり入れた独自の画風を展開した。
昭和11年
日本美術院を離れる。
同34年
日展会員となる。

近藤浩一路 代表作

  • 鵜飼六題
  • 京洛十題 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ