小村雪岱(こむらせったい)

日本画家、挿絵画家として近代日本の美術界に多くの影響を及ぼし、舞台美術の作家としても異彩を発揮した。

小村雪岱 略歴

明治20年(1887)- 昭和15年(1940)

埼玉県川越に生まれ、東京で没。
明治36年
荒木寛畝の画塾に入る。
翌37年
東京美術学校に入学し、下村観山の指導を受けた。
同41年
同校卒業。
大正3年
泉鏡花作「日本橋」の装丁や里見とん(=弓へんに享)作「多情仏心」の挿絵などを担当し、以後、新聞、雑誌に数多く描いた。 また舞台、映画の風俗考証にも通じた。

小村雪岱 代表作

  • 青柳
  • 美人立姿 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ