小松均(こまつひとし)

大原の水の清さと自然の美しさに魅せられた作風。

小松均 略歴

明治35年(1902)- 平成1年(1989)

山形県村山市に生まれた。京都で没。
大正8年
上京し、一時帰郷。
同9年
再び上京、画業を志し、川端画学校へ入り、岡本葵園に学んだ。
同13年
第4回国画創作協会展に入選。
翌14年
京都へ出て、土田変僊の門下となる。東山洋画研究所でデッサンを学ぶ。
昭和3年
国画創作協会日本画部解散後、帝展に出品。
同4年
第10回展で特選。
同5年
第17回院展で初入選。
同21年
第31回院展で日本美術院賞を受賞し、同人に推挙された。
同40年
第50回院展で文部大臣賞を受賞。
同49年
最上川の連作により芸術選奨文部大臣賞を受賞。
同54年
第64回院展で内閣総理大臣賞を受賞した。
同61年
文化功労者として表影された。

小松均 代表作

  • 最上川連作
  • 京都・大原風景の連作 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ