小林古径(こばやしこけい)

簡潔に力強く描かれた線と単純な色彩で描き出す作風。

小林古径 略歴

明治16年(1883)- 昭和32年(1957)

新潟県に生まれ、東京で没。
明治33年
上京して梶田半古に学んだ。日本絵画協会展に出品するとともに、今村紫紅、安田靫彦らの紅児会に参加。
大正元年
第6回文展で認められた。
同3年
日本美術院が再興され、同展に出品、同人に推された。
昭和10年
帝国美術院会員。
同25年
文化勲章を受章した。

小林古径 代表作

  • 極楽井
  • 唐蜀黍(とうもろこし) etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ