加山又造(かやままたぞう)

日本画の伝統的な様式美を現代的な感覚で表現。
創作の範囲も、版画、陶器、着物や帯、緞帳(どんちょう)からジャンボ機の内装まで多岐にわたる。

加山又造 略歴

昭和2年(1927)-平成16年(2004)

京都に生まれ、神奈川県横浜で没。
昭和19年
京都市立美術工芸学校を修了後、東京美術学校に人学。同大学を卒業後山本丘人に師事した。
同25年
創造美術展に初入選。
翌26年
新制作展で新作家賞を受賞。
同48年
日本芸術大賞を受賞した。
同55年
芸術選奨文部大臣賞を受賞。
平成15年
文化勲章を受章した。

加山又造 代表作

  • 黒い薔薇の裸婦
  • 雲龍図 etc
加山又造 アート市場状況

2004年に亡くなった後、価格が上昇気味だったが、現在安定している。
5000万円ぐらいの大作もある。
猫、牡丹などが人気。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

加山又造 作品種類
  • 日本画、デッサン、版画
加山又造 鑑定機関
  • なし
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索