川合玉堂(かわいぎょくどう)

日本の四季の山河を中心にそこで生きる人間や動物の姿を墨線と彩色で描くことを得意とした。

川合玉堂 略歴

明治6年(1873)- 昭和32年(1957)

愛知県葉栗郡に生まれ。東京青梅市で没。
明治20年
京都に出て、望月王泉、幸野楳嶺に円山四条派を学んだ。
楳嶺の死後、東京に移り、狩野派の橋本雅邦に師事した。
日本絵画協会展、東京府勧業博覧会に出品。
大正4年
東京美術学校教授。
昭和15年
文化勲章を受章。

川合玉堂 代表作

  • 小松内府図
  • 彩雨 etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索