川端龍子(かわばたりゅうし)

壮大奔放な大作主義で知られ、日本画に新分野を開いた。

川端龍子 略歴

明治18年(1885)- 昭和41年(1966)

和歌山市に生まれ。東京で没。はじめ水彩を学び白馬会洋画研究所に入る。
はじめ水彩を学び白馬会洋画研究所に入る。
明冶39年
さらに太平洋画研究所で洋画を学んだ。油絵で文展に入選。
大正2年
渡米、ボストン美術館で「平治物語絵巻」を観て強い感銘を受け、東洋の美術に開眼した。帰国後は日本画に転向。平福百穂らと珊瑚会を組織した。
大正6年
再興日本美術院同人。
昭和3年
日本美術院同人を辞める。
翌4年
豪放な大作主義による「会場芸術」を標傍して、青龍社を設立した。
同34年
文化勲章を受章。

川端龍子 代表作

  • 請雨曼荼羅
  • 愛染 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ