金島桂華(かなしまけいか)

京都画壇の写生の伝統をふまえ、自然の細やかな観察と緊張感に満ちた格調の高い作品を描いた。

金島桂華 略歴

明治25年(1892)- 昭和49年(1974)

広島県に生まれる。京都で没。
明治39年
大阪に出て、西家桂州につき、のち平井漉水に師事した。
同44年
竹内栖鳳の門に入る。
大正7年
第12回文展初入選。
同14年
第6回帝展特選。
昭和元年
第8回、第9回帝展で連続特選を受ける。
同28年
日本芸術院賞受賞。
同34年
日本芸術院会員。また画塾衣笠会を主宰した。

金島桂華 代表作

  • 鳴千九皋
  • 画室の客 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ